SGJ セミベジタリアン・ドッグ

SGJ セミベジタリアン・ドッグ(旧名称ホリスティックブレンズ)

総合栄養食(セミベジタリアン)ドライフード

セミベジタリアン・ドッグは白身魚、穀物を主原料とした全犬用ドライフードですが、とくにアレルギーに悩む犬やカロリー制限を必要とする犬や、タンパク質や脂肪の量を抑えなければならない犬におすすめしています。
また、これをベースとして、生肉、加熱した肉・野菜、缶詰などを加えて与える事ができます。

この商品はアレルギー体質の犬にとって理想的なフードです。
その犬の体質上の対応力にあわせ、その犬の必要とするエネルギーの内容に応じてタンパク質を選ぶことができるものです。
別に肉を加えることで、脂質とタンパク質の摂取の総量が増えることになります。

またこのセミベジタリアン・ドッグは、カロリー制限を必要とする犬やタンパク源や脂肪の量を抑え、消化に負担がかからないよう気をつけたい老犬に、これだけで与えることができます。

犬の食餌は、体重、犬種、代謝率、活動性の程度などによって、それぞれ異なった量と栄養成分を必要とします。
生肉のみや調合食だけでは栄養学的に不完全になり、このような食餌では栄養素バランスをとることは不可能です。
それを解決し、個々に適合した食物を加えても栄養過多にならずに与えることのできる、
栄養学的にみて完全なベースとなるフードです。

また、トレイスミネラルと消化酵素を補給するために、セミベジタリアン・ドッグといっしょにサプリメント「シーオーガニック」を使用することをおすすめします。


セミベジタリアン・ドッグは厳選された高品質の材料を使い無添加で作られています。


オートミール
カラス麦(オーツ麦)を延圧機で押しつぶした押し麦です。玄米・精白米に比べ、食物繊維・タンパク質・ミネラルを多く含んでいるため栄養価が高くなっています。コレステロールを減らすことが臨床学上で証明されています。また、アレルギーを起こさない穀類とされています。

ライ麦
イネ科の一年草で、ビタミンB1やカルシウム、食物繊維を豊富に含み抗ガン作用や糖尿病予防と言った効果を発揮します。さらに血圧上昇の抑制や頭痛の改善に効果的です。

白身魚
ニュージーランド沖の汚染されていない海域で水揚げされる
シルバー(日本では半身(フィレ)で輸入され白身魚のフライとしてよくお弁当などに利用されています)、
シロギス(日本でとれるキスより個体が大きいものです)、
豪州真ダイ(オーストラリアや、ニュージランドで釣れるマダイの和名です)を使っています。

ジャガイモ
主成分はデンプンでビタミンB1、B2、食物繊維が含まれ、カリウムやビタミンCがさらに豊富に含まれています。胃潰瘍改善、血圧降下、便秘・下痢の改善に効果があるとされています。

サーモンオイル
オメガ3系脂肪酸を多く含んでいます。含まれる必須脂肪酸はEPAやDHAで、EPAは血液をサラサラにし、DHAは脳の細胞を活性化する働きがあります。

ゴマ油
油脂分には、不飽和脂肪酸のリノール酸がとくに多く含まれています。不飽和脂肪酸は血管に付着して動脈硬化の原因となるLDL コレステロールを減少させたり、高血圧や心臓病を防ぐのに有効です。また、抗酸化作用を持ち、発ガンを抑える効果があるとされています。ビタミンEとの同時摂取で、食物アレルギー抑制にも役立つといわれています。

アーモンドオイル
成分の約70%はオレイン酸で、オレイン酸には悪玉コレステロールだけを低下させるという優れた効果があります。豊富に含まれるビタミンは、皮膚、脳、血管細胞といった体細胞の健康維持を助ける栄養素です。

レンズ豆
平たく凸形のレンズの形をしていることからの名称で、小さな粒の24%がたんぱく質で、鉄分、ビタミンB群、また食物繊維も豊富と優れた栄養源です。皮膚の状態をよくし心臓病疾患を予防する、葉酸のすぐれた摂取源です。

海草
ビタミン・ミネラル・カルシウム・食物繊維等が豊富に含まれており、余分なコレステロールや塩分を吸着して一緒に排出する働きをします。海藻類を食べることで、高血圧の予防や、生活習慣病の予防、老化防止とともにガンの予防にも効果が期待できます。

緑茶
カテキン類の機能には抗酸化作用、血中コレステロール低下作用、抗菌作用、ガン予防などがあります。
また歯垢を減らし口腔内と腸の状態を良好にするとされています。

ニンニク
胃腸の働きを促進させ、食欲不振を解消します。また体内の栄養素を燃焼させ、エネルギーに変える働きがあり、疲労を回復するビタミンB1の働きを高める作用があります。その他殺菌、解毒作用や血中のコレステロールを減らす働きもあります。

スペアミント
シソ科のハーブで殺菌作用、発汗作用、利尿作用があり、また胃腸不全、食欲不振、便秘などに効果があります。

カボチャ
栄養価の高い緑黄色野菜で、とくに粘膜や皮膚の抵抗力を強くするカロチンが多く含まれています。その他、ビタミンB1、B2、Cも多く、また、カルシウム・鉄分、カリウムなどのミネラル、食物繊維もバランスよく含まれています。

キヌア
アカザ科の一年草です。非常に栄養価が高く、食物繊維やカルシウム、マグネシウムなどが多く含まれています。また、キヌアには必須アミノ酸すべてがバランス良く含まれています。

リンゴ
食物繊維やビタミンC、ミネラル、カリウムが豊富です。リンゴに含まれているペクチンはコレステロールのトラブルを防ぎます。

タウリン
魚介類に多く含まれるアミノ酸で、カキから抽出しています。これは心臓、視覚、繁殖に不可欠な成分で、不足すると心臓が鈍り疲労を起こしやすくなります。

緑茶
有効成分はカテキン、カフェイン、テニアン、ビタミンC、ビタミンB類、葉酸、βカロチン、ビタミンE、サポニン、フッ素、ギャバ、クロロフィルがあげられます。カテキン類の機能には抗酸化作用、血中コレステロール低下作用、抗菌作用、ガン予防などがあります。

ネトル
イラクサ科の多年草で、セイヨウイラクサとも呼ばれています。昔からビタミンが豊富な若い葉は野菜として利用されてきました。アレルギー、花粉症、アトピーの方には頼りになるハーブです。また、前立腺肥大の予防と治療にも使用されます。関節炎や貧血にも効果がある他、利尿、消化、収斂作用や、丈夫な爪や被毛を作る作用があります。

ブルーベリー
ブルーベリーは網膜に存在して視力を保つ働きをするロドプシンを含んでいます。また、果実の紫色はポリフェノールの一種であるアントシアニンを含んでいるためですが、アントシアニンはロドプシンをサポートする働きをします。そのため、眼精疲労や視力回復などの目の健康に効果があるといわれています。また、ブルーベリーにも強い抗酸化作用があることが分かっています。アントシアノシドの特性で感染につながる可能性のある細菌、特に尿路感染の予防にも効果を発揮します。

スリッペリーエルム
ニレ科の植物で、消化器系(下痢・腸や大腸炎・潰瘍etc.)や呼吸器系を守り、炎症を抑えるとされています。過敏症の胃にも安全と言われています。粘液質の収斂効果は、喉の炎症や咳を和らげてくれ、穏やかな収斂作用で下痢を抑えてくれます。

西洋タンポポ
キク科の多年草でヨーロッパが原産です。葉は利尿作用があり、排尿によって失われがちなカリウムを豊富に含んでいます。また健胃などにも効果があります。強肝作用、胆汁分泌促進、穏やかな緩下作用などの働きがあるとされています。

グレープシード
ぶどうの種子に含まれるエキスを抽出した成分です。プロアントシアニジンというポリフェノールが含まれており、その抗酸化力はビタミンEの5倍ともいわれます。プロアントシアニジンはその強い抗酸化力によって老化を防止し、抗炎症、目や血管の健康維持に有効です。

イチョウ葉
イチョウ葉の有効成分はフラボノイドとギンコライドと言われています。フラボノイドは活性酸素を抑える力をもっており、ギンコライドは血小板の凝固傾向を抑制し、血管を拡張して血液を良くし、炎症を抑える作用があります。とくに脳の血液循環不良、中枢神経の十分な血液を保つために利用されています。記憶力、痴呆症に関しても重要性が示され血行循環が悪いために起こる頭痛や手足の冷えにも効果があります。

カロチン
カロチン(β−カロチン)とは、主に緑黄色野菜などの植物性食品に含まれており、必要なだけ体内でビタミンAに変換される栄養素です。皮膚や粘膜を保護します。カロチンは被毛の健康、夜盲症・視力の低下を防ぐ、皮膚や粘膜・生殖機能を維持し、成長を促進するなどの働きをします。

塩化コリン
循環器系と脳の機能、および細胞膜の構成と補修に不可欠な栄養素です。

炭酸カルシウム
石灰石のことで、特徴的な性質として、カルシウムの含有量が高く、一般的にはカルシウム強化剤として用いられています。

ビタミンE
抗酸化作用により、体内の脂質の酸化を防いで体を守る働きがあります。この働きから、体内の細胞膜の酸化による老化や、血液中のLDLコレステロールの酸化による動脈硬化など、生活習慣病や老化と関連する疾患を予防することが期待されています。

ヘム鉄
体内に吸収されやすい鉄分で肉や魚などの動物性食品に多く含まれています。植物性食品に多く含まれる非ヘム鉄に比べて10倍近くも吸収率が良いとされてます。ヘム鉄は血液中のヘモグロビンと結びつきやすく、体のすみずみまで酸素を供給するのを助けるため、貧血予防や体内酸素を定量に保つなどの効果があります。

ビタミンA
目のビタミンとも呼ばれる脂溶性ビタミンです。視角作用を正常化させたり、夜盲症の軽減や、皮膚や粘膜の健康を維持する働きをします。

ヘム亜鉛
タンパク質やDNAの合成、エネルギーの代謝、ビタミンの吸収、生殖器機能の促進に関与しています。亜鉛が不足すると、生殖機能不全、前立腺肥大、糖尿病、動脈硬化、肝硬変、高血圧などの生活習慣病、味覚障害、ケガが治りにくくなるなどの症状があらわれます。ただし亜鉛を摂取しすぎると急性中毒が起こったり、善玉コレステロールの血中濃度を低下させる、腎臓障害、貧血などを起こすこともあります。

ナイアシン
ナイアシンは別名ビタミンB3と呼ばれ、糖質・脂質・タンパク質の代謝 に不可欠なビタミンです。ナイアシンは水溶性ビタミンで、すぐに尿と して排泄されるため貯めておくことができません。ナイアシンが不足すると皮膚病、舌の先や縁の炎症や食欲不振が起こります。 また精神的ストレスが多く、胃腸障害がある場合などはナイアシンをたくさん摂る必要があります。

葉酸
水に溶ける水溶性ビタミンのひとつで、ビタミンB群の仲間です。葉酸はタンパク質や細胞をつくる時に必要なDNAなどの核酸を合成する重要な役割があります。

チアミン
チアミンはビタミンB1と呼ばれ、主に糖質がエネルギーに変換されるための代謝を促します。糖だけを摂取しても、このビタミンがなければエネルギーに変換されず、不足すると体内のエネルギー量が欠乏することになります。糖分は脳や神経のエネルギー源にもなっています。また消化を助ける働きがあるため、食欲不振の際にもチアミンは効果的です。

ビタミンB6
アミノ酸代謝に必須のビタミンです。ビタミンB6は神経系にも関与し、欠乏するとうつ病や、無気力、貧血の原因になり、肌荒れや皮膚炎を起こしやすくなります。また、ビタミンB6はタンパク質や糖質、脂肪を適切に吸収します。

ヘムマンガン
体内の様々な酵素の補因子として、糖質や脂質の代謝の促進や骨格形成・性機能の維持にも大きく関わる事から、別名『代謝のミネラル』とも呼ばれています。またマンガンは酵素の活性化を促すため、不足するとエネルギー代謝が正しく行われず、骨や性機能の異常や糖尿病を引き起こす事もあります。

ビタミンK群
正常な血液の凝固を促す脂溶性ビタミンです。ビタミンKは、骨からカルシウムが溶け出るのを防ぐ役割もあります。ビタミンKを摂取すると、内出血や痔核を防ぐ、血液の凝固に関与し止血を促す解毒作用や利尿作用、骨や歯茎を強くする、などの効果があります。

ヨウ素
エネルギー代謝に関わる甲状腺ホルモンの構成要素となるミネラルです。成長や発育を促進するため、成長期にはとくに重要です。また脂質代謝の促進や糖質代謝の促進などの働きがあり、肥満を防ぐといわれています。皮膚や被毛の健康保持、疲労防止などの働きもあります。


■成分■

粗タンパク質: 18%以上
粗脂肪   : 6%以上
粗繊維   : 4%以下
水 分   : 10%以下
粗灰分   : 8%以下
代謝カロリー:359kcal(100g中)


■原材料■

オートミール / ライ麦 / シルバー(ギンヒラス) / シロギス / 豪州真ダイ/ ジャガイモ / サーモンオイル / ゴマ油 / アーモンドオイル / レンズ豆 / 乾燥海藻類 / ニンニク / スペアミント / カボチャ / キヌア / リンゴ / タウリン / 緑茶 / ネトル / ブルーベリー / スリッペリーエルム / 西洋タンポポ / グレープシード / イチョウ葉 / カロチン / 塩化コリン / 炭酸カルシウム / ビタミンE / ヘム鉄 / ビタミンA / ヘム亜鉛 / ナイアシン / 葉酸 / チアミン / ビタミンB6 / ヘムマンガン / ビタミンK群 / ヨウ素 /


■内容量■

2#(900g) 5#(2.27kg) 10#(4.54kg) 20#(9.08kg) 50#(22.70kg)


販売価格 1,712円(内税)

2ポンド(900g)5ポンド(2.27kg)10ポンド(4.54kg)20ポンド(9.08kg)50ポンド(22.70kg)
購入数

About the owner

vonovono 店長

SGJプロダクツ製品のご紹介、vonovonoお勧め商品をレビューしますので是非ご覧ください!

Top